/

この記事は会員限定です

「中川政七」と育てるブランド 産地のチカラを引き出す

イナカのチカラ(4)

(更新) [有料会員限定]

「一緒にいいですか?」。10月9日、中川政七さん(46)は福井県鯖江市を中心に漆器、眼鏡などの職人が工房を一斉開放するイベント「RENEW」で職人や一般客に写真をせがまれた。生活雑貨店「中川政七商店」など工芸品の製造小売り(SPA)を立ち上げ全国展開した中川さんは工芸復権の旗手だ。全国の産地に眠るイナカのチカラを呼び覚ますコンサルタントでもある。

300年の老舗、改革で売上高5倍

創業300年の麻織物の老舗問屋である中川政七商店(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3061文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

イナカのチカラ

新型コロナウイルスは大都市のあり方を変え、企業や若者は地方で輝ける場所を探る。コロナ危機の前からイナカに眠るチカラを掘り起こしてきた先駆者を追う。(この連載は本編4回、番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン