/

この記事は会員限定です

日本企業のベトナム投資低迷 菅首相訪問も韓中と差

[有料会員限定]

日本企業によるベトナムへの直接投資が低迷している。1~9月の認可額は前年同期比43%減で国・地域別で4位だった。菅義偉首相が就任後初の外国訪問先としてベトナムを訪問するなど外交の結びつきは強まっているものの、経済面では韓国や中国と比べて出遅れが目立っている。

「見えている範囲で、日本企業の大型投資は今後もなさそうですよ」。ベトナム駐在の日系大手ゼネコンの幹部は打ち明ける。日本からベトナムへの累積の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン