浜ホト、成分分析の前処理器具で品ぞろえ拡充

2020/10/21 19:25
保存
共有
印刷
その他

浜松ホトニクスは、試料の成分を精密に分析する質量分析で前処理にかかる時間を短縮できる器具「ジュテーム」の新製品4種類を発売した。従来より小さな試料や複数の試料などを分析しやすくなる。創薬研究や食品開発などを効率化する。

質量分析の前処理にかかる時間を短くできる器具「ジュテーム」の新製品

質量分析はレーザーなどを照射して試料をイオン化し、種類や量など成分を精密に分析する手法だ。ジュテームはイオン化に必要な前処理を従来の10分の1の約3分に短くできる器具で、2018年に発売した。

新製品は「マススペクトル測定」と呼ばれる成分分析手法で1度に16個、70個の試料をそれぞれ分析できる器具を用意した。成分構成を視覚化する分析手法「質量分析イメージング」で小さな試料向け、水分が多い試料や硬い試料向けの器具もそろえた。

4種類の価格は税別9800~2万7300円。既存製品を含む9種類で3年後に年1万6000枚の販売をめざす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]