/

この記事は会員限定です

富士通DXの「出島」 外資の当たり前を持ち込む

富士通、背水の改革(下)

[有料会員限定]
日経コンピュータ

富士通は国内と海外の既存事業にメスを入れつつ成長の柱も打ち立てた。「DX(デジタルトランスフォーメーション)企業を目指す富士通にとってのレファレンス」。時田隆仁社長がこう位置付け、肝煎りで2020年4月に始動した新会社、Ridgelinez(リッジラインズ、東京・千代田)がそれだ。戦略策定からビジネスモデルや業務プロセスの設計、技術の選定、運用方針の策定、実行計画の策定、協業の枠組み作りまで、DXのコン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン