/

この記事は会員限定です

[FT]パリ近郊の教師殺害、高まるSNS批判

[有料会員限定]
Financial Times

仏パリ近郊コンフランサントノリーヌで16日、地元公立中学校の歴史教師、サミュエル・パティさんが18歳のイスラム主義者に刃物で襲われ、首を切断されて死亡した。事件の数時間後、犯行の動機となった動画が公開されており、残忍な犯行声明の投稿も許していたとして、SNS(交流サイト)事業者に対する批判がわき起こった。

アタル政府報道官は「事件はSNS上で始まり、SNS上で終わった」と述べ、「より強固な規制が必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン