/

この記事は会員限定です

独占「固定化」問うGoogle提訴 新陳代謝生めるか

[有料会員限定]

米司法省が反トラスト法(独占禁止法)違反で米グーグルを提訴した。インターネット上の検索サービスや広告の分野での独占それ自体以上に、独占の「固定化」を問題視している。過去にはAT&Tを訴え、分割に持ち込んだこともある。あまりに巨大になった企業に当局が介入し、産業の新陳代謝を起こす伝統は生きているのか。競争政策の今の力が試される。

司法省は、グーグルが自社の検索サービスが第一選択肢となるよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン