/

この記事は会員限定です

公共分野のDX、どう進める? ZHD社長に聞く

デジタル長官、エンジニア思考の人材登用を

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍は日本の「デジタル後進国」ぶりを浮き彫りにした。危機感を持つ菅義偉首相は行政のデジタル化推進に向け、「デジタル庁」新設に動く。公共分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)はどう進めるべきか。提言をまとめたZホールディングスの川辺健太郎社長に聞いた。

――公共分野のDXに関する私案「在宅勤務八策」を提起しています。

「菅さんが自民党総裁選に立候補する際に『デジタル庁』の創設を検討すると聞いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン