/

この記事は会員限定です

米グーグル独禁法提訴、識者「司法省側の証明難しく」

(更新) [有料会員限定]

米司法省は20日、米グーグルを反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴した。ネット検索市場における圧倒的な支配力を利用し、競合他社を排除するような契約をスマートフォンメーカーなどと違法に結んだと主張する。グーグル側は強く否定している。法廷闘争では何が焦点になるのか、識者に聞いた。

「司法省はグーグルが消費者に損害を与えていることを明示する必要がある」。フロリダ大学のマーク・ジェイミソン教授はこう指摘す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン