/

NYダウ反発、113ドル高 追加経済対策の成立期待で

(更新)

【NQNニューヨーク=岩本貴子】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発した。前日比113ドル37セント(0.4%)高の2万8308ドル79セントで終えた。追加経済対策を巡る米与野党協議で20日、民主党が設定した交渉期限を迎え、何らかの合意に至るとの期待から買いが優勢となった。

民主党のペロシ下院議長は20日、ブルームバーグの番組で「交渉は前進している」と述べ、先行きを楽観視した。新型コロナウイルスワクチンへの期待も相場を支えた。米バイオ製薬モデルナのトップが19日、ワクチンの臨床試験で良好な結果が得られれば米政府が12月に緊急使用を認める可能性があると明らかにした。

建機のキャタピラーや化学のダウなど景気敏感株が上昇。経済活動の正常化が一段と進むとの思惑から、アメリカン航空グループなど旅行・レジャー株も買われた。債券市場では長期金利が上昇し、利ざや拡大観測からゴールドマン・サックスなど金融株も上げた。

スマートフォンのアップルやSNS(交流サイト)のフェイスブックなど大型ハイテク株も総じて堅調だった。

一方、19日夕に発表した2020年7~9月期決算で、通期見通しを公表しなかったIT(情報技術)のIBMは6%強下げ、ダウ平均の重荷となった。NAND型フラッシュメモリー事業の売却を発表したインテルも前日に上げた反動で売られた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反発した。前日比37.61ポイント(0.3%)高の1万1516.49で終えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン