/

この記事は会員限定です

成長優先の競争政策に転機 米司法省がGoogle提訴

IT大手独占に弊害

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】1年以上にわたって米IT(情報技術)大手の調査を進めてきた米司法省が米グーグルの提訴に踏み切った。ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)などと検索サービスを組み合わせて提供する手法を問題視し、法廷で是非を問う。IT企業の成長を優先してきた米国の競争政策や反トラスト法(独占禁止法)運用の転機となりそうだ。

「グーグルは排他的行為により独占を維持し、競争を阻害している。反ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン