/

Googleが反論「提訴には重大な欠陥」

(更新)

米グーグルは20日、米司法省が同社を反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴したことに関し「提訴には重大な欠陥がある」との声明をツイッターで発表した。「人々は強制されたからでも他の選択肢がないからでもなく、自ら選んでグーグルを利用している」と反論した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン