NYダウ反発で始まる 米経済対策への期待が支え

2020/10/20 22:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発で始まった。午前9時35分現在、前日比123ドル87セント高の2万8319ドル29セントで推移している。追加経済対策を巡る米与野党協議が20日、民主党が設定した交渉期限を迎える。土壇場で何らかの合意に至るとの期待感から買いが先行している。

ニューヨークのウォール街=ロイター

新型コロナウイルスワクチンへの期待も相場を支えている。米バイオ製薬はモデルナの経営トップが19日、ワクチンの臨床試験で良好な結果が得られれば米政府は12月に緊急使用を認める可能性があると述べたと伝わった。

取引開始前に発表した2020年7~9月期決算が市場予想を上回った保険のトラベラーズと日用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が上昇。一方、前日夕に決算を発表したIT(情報技術)のIBMは5%超下げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]