/

名物カニ看板の脚取り外し 大阪・道頓堀、修理へ

脚2本が取り外された「かに道楽道頓堀本店」のカニ看板(20日、大阪・道頓堀)=共同

大阪市中央区の飲食店「かに道楽道頓堀本店」の名物、動くカニの看板の脚2本が20日、修理のために取り外された。現在の看板で脚を外す修理をするのは初めてで、通行人らが写真に収める姿が見られた。24日未明に再び取り付けられる。

店によると、脚の付け根の部品に不具合が見つかったため交換する。8月下旬ごろから脚の動きがぎこちなくなり、異常音がするようになった。9月から脚を固定し、原因を調べていた。

店の前では20日夜、脚がない看板の写真を多くの人がスマートフォンで撮影。「脚は食べられちゃったの?」と小林泰三店長(45)に尋ねる子どももいた。小林店長は取材に「お見舞いに来て、道頓堀を盛り上げて」と話した。

動く看板はこの場所に開店した1962年から取り付けられ、現在の看板は96年に付け替えた3代目という。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン