/

坂野潤治さんが死去 東京大名誉教授

(更新)

明治憲法下の議会政治の研究などで知られる歴史学者で東京大名誉教授の坂野潤治(ばんの・じゅんじ)さんが10月14日午前2時7分、進行胃がんのため東京都内の病院で死去した。83歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は妻、和子さん。

東大在学中の60年安保闘争で、後に経済学者となる故青木昌彦さんや評論家の故西部邁さんらと全日本学生自治会総連合(全学連)の幹部として活動。お茶の水女子大助教授などを経て東大教授に就任した。千葉大教授も務めた。

明治憲法の立憲的側面を評価した71年の「明治憲法体制の確立」で注目された。「近代日本の国家構想」で吉野作造賞、「日本憲政史」で角川源義賞。他の著書に「明治デモクラシー」「日本近代史」など。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン