/

この記事は会員限定です

パーム由来のバイオマス発電に変調、燃料調達難しく

人権・環境への配慮、第三者認証の取得困難に

[有料会員限定]

パームやし殻(PKS)を燃料に使う木質バイオマス発電に変調が生じている。再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)で高値で売電できるため増えてきた。だが、人権や環境について配慮を証する第三者認証の取得が困難となり、PKS輸入に歯止めがかかる恐れが出ている。事業者は燃料切り替えや稼働停止を迫られかねない。

「期日までに稼働中のすべての発電所が認証を得るのは難しい」。PKSを使うバイオマス発電事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン