/

為替リスクに対応、元本返済を一部免除 広島銀の融資商品

広島銀行は20日、円の対ドルの為替レートが大幅に変動した際に、元本返済を一部免除する新たな融資商品の取り扱いを始めると発表した。融資期間3年の間に変動幅を6回判定し、あらかじめ決めた基準を超えると1回につき元本5%分の返済が免除される。資金支援と併せて、為替変動が企業の資金繰りに与える影響を和らげる。

最大で元本30%分の返済が免除される

為替変動による元本免除特約がある融資商品は地銀で初めて。信用力のある中堅や大手企業では為替予約などでリスクに対応できるが、中小企業は為替変動への対応が不十分な面もある。変動によっては最大で元本30%分の返済が免除される仕組みにすることで、外部環境が悪化しても資金繰りを安定できるように支援する。

同商品の初回の募集期間は20日~11月5日で、融資は11月27日に実行する。基準となるのは11月19日のドル円為替レート。半年に1回の判定日に15円以上の円安、または20円以下の円高となった際には元本の返済が一部免除される。融資額の上限は設けない。

広島銀では豪雨災害が発生した際に元本返済を免除する融資なども扱っている。同行の担当者は「企業が事業リスクに立ち向かいつつ、安定した資金調達ができる商品を今後も拡充する」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン