愛媛県産品の成約額、4~9月は29%減

2020/10/20 20:29
保存
共有
印刷
その他

愛媛県産品の販売拡大を目指す県の組織「愛のくに えひめ営業本部」がまとめた2020年4~9月(上期)の成約額は、前年同期比29.5%減の80億1860万円だった。前年にあったフィリピンでの電動三輪車の大型案件(約36億円)を除く比較では2億4000万円程度増加した。愛媛県の年間目標額150億円に対する進捗率は53.5%だった。

記者会見する中村時広・愛媛県知事(15日、県庁)

愛媛県によると、新型コロナウイルス対策として量販店に働きかけた産地応援フェアで多くの企業の協力が得られた。楽天市場内の特設サイト「愛媛百貨店」での販促キャンペーンなども効果を上げた。

中村時広知事は下期(10月~21年3月)について「コロナ禍からの反転攻勢に向けて、かんきつや水産物を軸に、大都市圏や北海道での大型フェアを実施したい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]