/

この記事は会員限定です

ドコモ5G特許、収益難路 保有シェア「世界大手と拮抗」

[有料会員限定]

NTTドコモが次世代通信規格「5G」に関する特許を収益に結びつける力が試されている。20日開催した説明会で、5G規格に適合する特許ベースでは世界大手5社と拮抗すると強調。高周波電波を多数のアンテナで送受信する技術などに活路を求める。ただ特許を収益に生かしきれないのはNTTグループの長年の課題だ。

「ドコモを含めた上位6社はシェアが10%前後で拮抗する」。同社の小川真資知的財産部長はサイバー創研(東京・品川)の調査結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン