/

この記事は会員限定です

アクティブ型投信 玉石混交「もどき」にご用心

[有料会員限定]

ファンドマネジャーが裁量で運用するアクティブ型の投資信託は玉石混交だ。長期にわたり市場平均を上回るリターンをもたらしてきたファンドもあれば、高い信託報酬を取りながら、指数をなぞるような運用しかしていないものもある。世の中ではアクティブ型に対する風当たりが強いが、玉と石を同列に論じるのは少々乱暴だ。

金融庁が6月に公表した、資産運用業界の課題をまとめた「資産運用業高度化プログレスレポート2020」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3072文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン