/

北海道で「核のごみ」調査、道経連・経団連が評価

北海道経済連合会の真弓明彦会長は20日の記者会見で、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の処分場の選定につながる「文献調査」の受け入れを表明した北海道寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村に対し、「国民的な関心が広がり、議論されていくのは意義深い」と評価した。

記者会見する経団連の古賀議長(左)と道経連の真弓会長(20日、札幌市)

真弓会長は「最終処分の問題は原子力を利活用する国において解決しなければならない問題で、この世代の責任だ」と話した。道経連と経団連は同日、札幌市内で経済懇談会を開いており、会見に同席した経団連の古賀信行議長も「解決しなければならない問題で、解決の入り口にはなったという意味で一歩前進だ」と前向きに捉えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン