/

この記事は会員限定です

三菱電機静岡製作所、エアコンの「マザー工場」

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

「軽薄短小時代」の日本の家電製品の特長を示す資料として重要である――。9月、国立科学博物館が発表した2020年度重要科学技術史資料(愛称・未来技術遺産)に、三菱電機が1975年に発売した「薄型エアコン霧ヶ峰」が選ばれた。

当時主流だったエアコンの半分程度と画期的な薄さを実現し、家庭へのエアコン普及に貢献したと評価された。同社の製品としては2件目で、前回18年度に登録されたのも「壁掛セパレート型エアコン」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン