日本地下水開発、高効率の地中熱利用し省エネビル

2020/10/20 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

消雪設備の日本地下水開発(山形市)は省エネを徹底した冷暖房システムを開発した。年間を通して温度がほぼ一定の地下水を利用した同社独自の無散水消雪設備に、太陽熱給湯などを組み合わせた。このほどグループ会社に設備を導入。データを蓄積し雪国に適した省エネビルとして病院などへ導入を目指す。

これまで産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所、秋田大学と研究を続けてきた。実証実験の設備を山形市内のグルー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]