/

この記事は会員限定です

地銀の公社債売越額、1年10カ月ぶり大きさ

[有料会員限定]

日本証券業協会が20日発表した9月の公社債投資家別売買高(短期国債を除く)によると、地方銀行の売越額は3923億円だった。8カ月ぶりに売り越しに転じ、金額は2018年11月以来、1年10カ月ぶりの大きさだった。国債の価格が9月に上昇(利回りは低下)し、半期末に向けて利益確定の売りが出た。

内訳をみると地銀は長期国債を4198億円売り越した。大和証券の佐藤一哉氏は「保有する長期債が値上がりし、半期末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン