/

この記事は会員限定です

ブリヂストン工場閉鎖、仏政府が代替案 再編に足かせも

[有料会員限定]

ブリヂストンが9月に発表した仏工場閉鎖の先行きに不透明感が漂っている。雇用維持に躍起の仏政府は発表直後から猛反発し、今月19日には工場を維持するための代替案も示した。同社は高付加価値のタイヤを造れない老朽工場の閉鎖など拠点再編を進めている。ゴタゴタが長引けば、構造転換の足かせになりかねない。

「日本の(同社の)友人たちに(従業員の)尊厳の重さを推し量ってほしい」。同日、パニエルナシェ経済・財務副大臣は記者会見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン