/

この記事は会員限定です

アジア低所得層向け保険 日本生命、まずインドネシア

(更新) [有料会員限定]

日本生命保険はアジアで低所得層に特化した小口保険を販売する。インドネシアを手始めに、アジア全域に広げる。企業を通じて販売する。月額40円の掛け金で14万円ほどの保険金を受け取れるようにする。働いていても所得が低くて保険に入れなかった人が多かった新興国で死亡などに備えた保険を浸透させる。

月内にもインドネシアのグループ会社セクイスライフを介して開発した小口保険を売り出す。グローバル企業の取引先などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り553文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン