/

この記事は会員限定です

ドイナカをかっこよく 鳥取で仲間と変える

イナカのチカラ(3)

(更新) [有料会員限定]

10月11日、鳥取県八頭町の町営隼プールの壁全長70メートルに躍動感のある水しぶきが描かれた。地域の小さい子供からお年寄りまで約250人が濃淡の青ペンキを塗った。プールは90年の歴史がある地区のシンボルだ。企画したのは古田琢也さん(33)。まちづくり事業会社を称するシーセブンハヤブサ(鳥取県八頭町)とトリクミ(同)の社長だ。「新型コロナウイルスで忘れられない年だからこそみんなで集まる意味がある」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3057文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

イナカのチカラ

新型コロナウイルスは大都市のあり方を変え、企業や若者は地方で輝ける場所を探る。コロナ危機の前からイナカに眠るチカラを掘り起こしてきた先駆者を追う。(この連載は本編4回、番外編1回で構成します)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン