/

南海特急の備品使った宿泊部屋 大阪の施設で開業

南海電気鉄道とシンガポールに本社を置くフレイザーズホスピタリティーは20日、南海電鉄の特急車内で実際に使われていた備品などを設置した宿泊用の部屋を提供すると発表した。大阪市内のサービスアパートメント「フレイザーレジデンス南海大阪」の1部屋で、20日に受け付けを開始し、26日から宿泊できる。料金は1泊3万9000円から。

部屋は77平方メートルで最大4人が宿泊できる。リビングには特急「サザン」で使用されていた座席を設置。2つのベッドルームのうち1つには、特急「ラピート」の車内にあったテーブルを置いた。鉄道関連の書籍やDVDも用意している。

フレイザーレジデンス南海大阪は、2006年末に閉鎖した「ホテル南海なんば」の跡地に建てられた。10年に営業を開始し、今年で開業10周年を迎えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン