/

コメリ、純利益42%増 21年3月期 巣ごもり追い風

ホームセンター大手のコメリは20日、2021年3月期の連結純利益が前期比42%増の169億円になりそうだと発表した。従来予想(5%減の113億円)から56億円上振れし、一転増益を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり需要」で売り上げが好調に推移している。

売上高にあたる営業収益の予想も前期比8%増の3780億円と250億円引き上げた。営業利益見通しも46%増の270億円と80億円上方修正した。いずれも過去最高を更新する見通しだ。新型コロナの影響が拡大した春先から園芸用品やDIY用品などの販売が増えている。

また、20年4~9月期の連結純利益は前年同期比62%増の141億円と過去最高を見込む。従来予想を59億円上回る。営業収益も同10%増の2054億円と204億円上振れする。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン