/

GoToトラベル利用、1.5万円未満が8割 国交省

国土交通省は20日、観光支援策「Go To トラベル」事業について、消費者が利用した宿泊商品の約8割は1万5千円未満だったと発表した。8月の利用実績に基づき分析した。赤羽一嘉国交相は同日の閣議後の記者会見で「価格帯にかかわらず幅広く利用頂いている」と強調した。

トラベル事業に対しては高価格帯の宿泊施設に利用が偏り、旅館など中小事業者が不利になっているとの指摘が出ている。国交省は利用実績の内訳は明かしていない。

赤羽国交相は7月の事業開始から9月末までの利用実績も公表した。割引額は少なくとも1099億円、利用者数は延べ2518万人。割引額から単純計算すると利用者1人の1泊の平均費用は約1万2千円という。

トラベル事業は9月末までは1人当たり1泊1万4千円を上限に旅行代金の35%を補助していた。10月からは旅行代金の補助に加え、旅先で使える地域共通クーポンの利用も始まった。同月以降は東京発着の旅行も対象に加わり、割引額や利用価格帯は今後変動する可能性がある。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン