習近平氏の苦虫と深謀、日越「中国包囲網」静観の理由
編集委員 中沢克二

米中衝突
習政権ウオッチ
習政権
中沢 克二
コラム(国際)
中国・台湾
編集委員
2020/10/21 0:00 (2020/10/21 2:12更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「法の支配や開放性とは逆行する動きが起きている」。19日、首相の菅義偉は初めての外国訪問の地、ベトナム・ハノイでの演説で、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を念頭にかなり強いトーンで非難した。

中国内での関心は極めて高い。通常なら当局が言葉の限りを尽くして菅政権の動きを批判する場面のはずだが、なぜかそうなっていない。不思議なほど静かな大人の対応なのだ。

謎を解くカギはこの日、中国国営メディアが伝え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]