/

この記事は会員限定です

混沌のタイ反体制デモ、見当たらぬ「出口戦略」

[有料会員限定]

タイの反体制デモは政府による集会禁止令や妨害に屈せず、SNS(交流サイト)を駆使してゲリラ的に連日続いている。シュプレヒコールの末に、いかに要求を実現しようとしているのか。

タイでは過去に何度も大規模な反政府デモが繰り返された。08年は首相府やスワンナプーム空港を占拠し、10年にはバンコク都心部に1カ月半居座った。14年にも主要な7交差点を占拠した。

時の政権の退陣要求は今回も同じだ。加えて非民主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン