「非正規」格差 曖昧な理由付け、紛争の種に

法務インサイド
2020/10/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

有期雇用の非正規社員と正社員の待遇格差が不合理かどうかが争われた計5件の訴訟で、最高裁判決が相次いで下された。退職金と賞与を巡る13日の判決と、手当や休暇などを巡る15日の判決とで判断が分かれる結果となった。この違いをどう解釈すべきかについては専門家の間でも意見が分かれており、引き続き従業員と企業の間の訴訟の火種となる可能性がある。企業は従業員間の待遇差に関する説明を再点検する必要がありそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]