/

この記事は会員限定です

[FT]武器禁輸解除 イランの「記念すべき日」になるか

[有料会員限定]
Financial Times

米トランプ政権が延長を求めていたイランとの武器取引を禁じる国連の禁輸措置が18日に期限を迎え、米政権は難しい立場に追い込まれることになった。

禁輸措置の解除はイランと米英独仏中ロの6カ国が2015年に締結した「イラン核合意」に盛り込まれていたもので、トランプ政権が一方的に合意を破棄した2年前から米国の圧力にさらされてきたイランにとっては、米国に対する「勝利」を象徴するものとなる。

イランは歓迎 米国はけん制

イランのザリフ外相は、米国の「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2187文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン