/

この記事は会員限定です

トヨタの生産回復、中小にも波及 機械・航空は停滞続く

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

金融市場で2つの「ノベンバー・サプライズ(11月の波乱)」が話題になっている。ひとつは11月3日の米大統領選で野党・民主党のバイデン候補が勝利し、経済・外交を中心に国際協調が進むシナリオ。2つ目はグローバル企業の代表格、トヨタ自動車の収益上振れ期待だ。生産の回復が想定以上で、中部の製造業もトヨタへの依存度で優勝劣敗がわかれている。

通期営業益1.2兆円、計画比倍増の見方

トヨタは11月6日、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン