/

この記事は会員限定です

チリ、大規模デモから1年 国民投票実現も抗議続く

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】南米チリで大規模な反政府デモが発生し、1年がたつ。格差是正を求める国民の声は憲法改正の国民投票の実現につながったが、過激な抗議行動はおさまらない。新型コロナウイルスの影響も大きく、自由貿易や市場重視の政策で発展を遂げた「南米の優等生」の先行きは見通せない。

「民主主義を信じ、平和な生活を望む全ての人に批判されなければならない」。チリのピニェラ大統領は19日、首都サンティアゴ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1118文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン