NYダウ続伸で始まる 一時85ドル高、経済対策の合意期待

北米
2020/10/19 22:57
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸して始まった。午前9時35分現在、前週末比85ドル91セント高の2万8692ドル22セントで推移している。追加経済対策で米与野党が何らかの合意に至るとの期待が投資家心理を支えている。ただ、欧米で新型コロナウイルス感染の拡大が続き、相場の上値を抑えている。

ニューヨークのウォール街=ロイター

野党・民主党のペロシ下院議長が17日夜、大統領選前に経済対策を成立させるために48時間以内の合意を目指す協議に応じるようトランプ政権に呼びかけた。ペロシ氏とムニューシン米財務長官は今週も交渉を続けることで合意したと伝わっており、市場では「合意が近い」との観測が浮上している。

半面、新型コロナ感染の再拡大は重荷。欧州では景気が二番底に陥るとの懸念が浮上している。米国でも40近い州で新規感染が拡大する傾向にある。

個別では顧客情報管理のセールスフォース・ドットコム、スマートフォンのアップル、ソフトウエアのマイクロソフトなどハイテクが高い。資本財や銀行など景気敏感株はまちまちの動きとなっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]