/

FX投資詐欺容疑、自称トレーダー逮捕 被害4億円か

大阪府警本部

外国為替証拠金取引(FX)を巡る架空の投資話を電話で持ち掛け、現金をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は19日、大阪市福島区鷺洲5、自称FXトレーダー、庭瀬翔太容疑者(28)ら男女6人を詐欺容疑で逮捕した。グループが管理していた口座に、だまし取ったとみられる計4億7千万円以上が入金されていたことを確認した。

捜査2課は同日、詐取金を隠匿したとして、東京都新宿区南元町、自営業、向口げん容疑者(25)も組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)容疑で逮捕した。

押収した名簿などから、グループは庭瀬容疑者の指示で今年に入ってから690人以上に電話をかけていたとみられる。

庭瀬容疑者ら6人の逮捕容疑は4~5月、共謀し、岐阜県の30代男性に「FXの自動売買システムのモニターに当選した。必ずもうかる。口座を開設しお金を預けて」などと電話し、約130万円をだまし取った疑い。

実際にトレーダーが使用するスマートフォンアプリの数字を改ざんし、預けた金が増えているかのように見せかけて信用させ、投資を呼び掛けていた。捜査2課は男性がこの他にもクレジットカード決済で140万円をだまし取られたとみて調べている。

向口容疑者の逮捕容疑は5月、別の仲間らと共謀し、グループがだまし取った現金約1300万円をビットコインに替え、隠匿した疑い。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン