/

この記事は会員限定です

事業の取捨選択進まず 東証1部で赤字350部門

検証・企業統治改革(中)

[有料会員限定]

企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)が大目標とする「企業価値の持続的成長」は道半ばだ。なかでも2018年改定で盛り込まれた資本コストを意識した経営には実践の壁が立ちはだかる。東証1部上場企業の赤字部門は350部門近くにのぼる。

資本コストは株主や債権者が企業に求める収益率(WACC)が代表的な指標で、企業ごとに差がある。資本コスト経営ではWACCを上回るROIC(投下資本利益率)をめざす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン