/

この記事は会員限定です

欧州感染拡大 市場に影、独仏で金利低下 ユーロ高も一服

[有料会員限定]

国際金融市場で欧州経済の先行き不安を映す動きが目立ってきた。ドイツなど欧州国債の利回りは大きく低下(価格は上昇)し、ユーロ高にはブレーキがかかった。新型コロナウイルスの感染再拡大で、日米よりも景気や物価の下振れ懸念が強まっている。欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測まで浮上し、市場はさらなる波乱に身構える。

欧州の変調を端的に表すのが国債の値動きだ。

長期金利の指標になる10年物国債利回りをみると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン