/

この記事は会員限定です

エンチョー社長「ホームセンター出店戦略見直しも」

[有料会員限定]

ホームセンター市場は飽和感が出ており、業界では再編の動きも出ている。静岡県を地盤とするエンチョーは今後どのような戦略を描くか。6月に就任した遠藤秀男新社長に聞いた。

――専門店事業に注力しています。

「ホームセンター事業はマイナス成長が続いており、2020年3月期には不採算店舗の減損処理に踏み切った。対応が甘かった部分を補うため、『ハードストック』やアウトドア店『SWEN』など専門店を急ピッチで展開している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン