/

この記事は会員限定です

広がる電子図書館 埼玉県内、コロナ禍で利用好調

[有料会員限定]

埼玉県内の公立図書館で電子書籍を貸し出す「電子図書館」のサービスが広がっている。2020年は鶴ケ島と草加、久喜の3市が新たに導入した。本来は利用者の利便性向上が目的だが、コロナ禍でネットでの閲覧需要が急拡大。利用実績も好調で、県内での普及に弾みが付きそうだ。

鶴ケ島市立図書館は電子図書館の運用を10月に始めた。まずは小説や実用書など約600点を導入。登録やパスワード設定が完了すればパソコンやスマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン