/

この記事は会員限定です

衆院、21年解散3シナリオ 支持率・実績…時機探る

任期残り1年

(更新) [有料会員限定]

衆院議員の任期が21日で残り1年になる。菅義偉首相は新型コロナウイルス対策や経済再生を優先し、衆院解散・総選挙は年明け以降になる公算が大きい。首相が国民の審判を受ける時期を巡り与野党で3つのシナリオがささやかれる。

13日夜、首相は先の自民党総裁選で自身を支えた無派閥の若手議員と会食し「縦割りを打破する」などと政策実現に意欲を示した。出席者が「衆院解散はいつですか」と問うと「常在戦場だ」と答えただ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン