/

この記事は会員限定です

イチゴの年末商戦 早くもピンチ?

猛暑・病害で苗弱く

[有料会員限定]

年末の出荷に向けてイチゴが各地で色づき始めた。ただ今年は苗が足りず、栃木県などの産地では調達に追われる一幕もあった。苗を育てる夏場に記録的な日照不足と猛暑に見舞われ、病害が広まった。

「とちおとめ」などで知られる栃木県。JAはが野(真岡市)では9月、管内で必要な苗が約40万本足りないことが判明した。葉や茎が黒ずんで枯れる病害に感染し「全滅した農家もあった」(同JA)。

東北でイチゴ生産が多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン