/

この記事は会員限定です

取引再開ルール、年度内に整備 富士通「試験・確認が不十分」

[有料会員限定]

東京証券取引所は19日、株式取引システムで起きた障害の再発防止策を発表した。証券会社などで構成する協議会を設置し、トラブルが起きても当日中に売買を再開するためのルールや手順を2020年度中にもまとめる。富士通も同日、障害原因などを発表した。

障害は1日朝に発生し、東証は全銘柄の売買を終日停止した。銘柄名などを格納する「共有ディスク装置」内のメモリーが故障するとバックアップに切り替えられない設定になってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン