/

セイコー系、中高向けクラウド辞書 広辞苑など18種類

セイコーソリューションズのクラウド辞書「GIGANTES(ギガンテス)」の画面

セイコーホールディングス傘下でIT(情報技術)サービスを手掛けるセイコーソリューションズは複数の辞書を利用できる学校向けクラウド辞書サービスを2021年春に始める。中学生、高校生の利用を想定し、岩波書店の「広辞苑」など18種類を収録する。高等学校や中高一貫校、自治体に売り込む。将来は小中学生向けのサービスも予定する。

サービス名は「GIGANTES(ギガンテス)」。「ジーニアス英和辞典」(大修館書店)や「広辞苑」(岩波書店)、「世界史用語集」(山川出版社)など18種類の辞書を収録した。IDとパスワードを打ち込めばスマートフォンやタブレット、パソコンのブラウザーから閲覧できる。1つのアカウントで3つまでの端末でログインが可能だ。

価格は広辞苑など6種類を使用できる高校基本辞書パック「GIGANTES基本辞書+広辞苑」の場合で生徒1人あたり3年間1万円。英語に特化したプランや受験対策プランなども用意する。辞書単体でも販売する。

セイコーソリューションズは16年に私立高校を中心に米アップルのiPad専用のアプリ版の辞書の販売を始めた。教育現場では複数の辞書を一括で検索する機能や英語の例文を音声つきで再生する機能が評価されたという。iPad以外の端末でも使いたいという声に応えるとともに、データが重くダウンロードに手間がかかるというアプリの課題をクラウド化によって解決する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン