/

この記事は会員限定です

なぜマツコ・デラックスが企業広報誌に 伊藤忠の狙い

[有料会員限定]
日経クロストレンド

伊藤忠商事は約70年にわたって発行してきた月刊社内報「伊藤忠マンスリー」を刷新し、2020年5月に季刊広報誌「星の商人」を創刊した。巻頭の最高経営責任者(CEO)対談企画に笑福亭鶴瓶やマツコ・デラックスを登場させるなど、インパクトのあるコンテンツが話題を呼んでいる。

19年度決算で4年連続最高益を更新するなど好調の波に乗る今、「社内報」を「広報誌」に変身させた理由は何か。同誌の発行責任者を務める専務執行役員最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン