/

「鬼滅の刃」公開3日の興行収入、46億円で過去最高

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は公開直後から好調だ(東京都新宿区の映画館)=共同

東宝は19日、新作映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が16~18日の3日間で46億2311万円、観客動員が342万人でいずれも過去最高だったと発表した。集英社の人気漫画を原作とし、テレビ放映などもあって人気に火が付いている。新型コロナウイルスの影響で映画各社の興行収入が落ち込むなか、観客の呼び戻しに期待を集めている。

16~18日の3日間、全国403劇場で公開された。公開初日である16日の興行収入は12億6872万円、動員数は91万人。平日に国内で公開された映画としてはいずれも過去最高だった。17日の興行収入は17億172万円、動員数は127万人だった。18日は興行収入16億5266万円、動員数123万人だった。土・日曜でみても過去最高だった。

新型コロナの影響で映画館の業界団体は、座席をすべて開放する場合、感染症を防ぐため食事をさせないように求めている。ポップコーンなどの販売は採算が良く、東宝は全席販売に慎重な姿勢だったが、集客が見込める鬼滅の刃については16日の公開から3日間、全席販売に踏み切っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン