臨時国会26日召集伝達 首相初の所信表明

菅内閣発足
2020/10/19 18:00
保存
共有
印刷
その他

加藤勝信官房長官は19日、衆参両院の議院運営委員会理事会にそれぞれ出席し、臨時国会を26日に召集すると伝えた。20日の閣議で正式に決める。菅義偉首相は26日に就任後初の所信表明演説に臨む。

政府・与党は会期を12月上旬までの40日程度とする方向で調整する。

政府提出法案は10本程度の見通しだ。日英経済連携協定(EPA)の承認案を審議する。新型コロナウイルスのワクチンで健康被害が生じた場合に製薬会社の賠償を国が肩代わりする法案も見込む。

立憲民主党など野党は首相が日本学術会議の新会員候補6人を任命しなかった問題を追及する方針だ。野党側は19日の衆院議運委理事会で、人選に関与していた杉田和博官房副長官の国会招致を改めて求めた。

加藤氏は記者会見で「臨時国会で菅内閣がどのようなことを目指していくのかをしっかりと示したい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]