/

ジップエア、バンコク線旅客便を28日就航 週5便から

バンコク出発分のみ旅客を乗せる

日本航空(JAL)傘下のジップエア・トーキョー(千葉県成田市)は19日、バンコク―成田空港線の旅客便を28日に就航させると発表した。週5便で、まずはバンコク発のみ旅客便とし、成田発は貨物専用便としての運航を継続する。

新型コロナウイルスの影響で、タイ当局は旅客便の乗り入れを禁止している。一方で、日本への帰国需要が一定程度あることから就航を決めた。規制が緩和され次第、成田発でも旅客便の運航を始めたい考えだ。

11月29日までの料金はスタンダードが4200~5万1600バーツ、フルフラットタイプが1万5千~6万1800バーツ、6歳以下は1600バーツの定額となる。同社のウェブサイトなどから購入できる。

東南アジア市場では、日本経由で北米に乗り継ぐ需要があるが、JALとコードシェアしていないことなどから、現時点で取り込むことは難しいと見ている。16日に就航したソウル線同様、旅客需要だけでは採算ラインを超えるのは難しいが、航空貨物収入で1便当たりの黒字化が可能なことから就航を決めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン