/

この記事は会員限定です

大和ハウス系が在宅対応マンション デザイン思考で

[有料会員限定]
日経クロストレンド

大和ハウスグループのコスモスイニシアが在宅勤務用の新しいスペースを備えたマンションを2020年4月に発売した。2つのタイプがあり、「コモリワーク」「ドマワーク」と呼んでいる。開発に当たっては、仮説検証を基盤とする創造的課題解決法である「デザイン思考」の手法を使ったリコーの「価値創出プログラム」を活用した。

コスモスイニシアは新型コロナウイルス感染症の拡大以前の19年から開発プロジェクトを推進してきたという。テレワークの普及を見越し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1465文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン